【就職してから】日本全国47都道府県旅行した方法【25歳までに】

25歳までに47都道府県行った話 旅行

25歳までに47都道府県すべてを制覇した濃い茶です。

関東在住の方で47都道府県全部まわりたい方の参考になると嬉しいです。

スポンサーリンク

25歳までに47都道府県旅行するという目標

この企画は23歳の時に社会人になってから夫が思いついた企画です。

経県の存在を知って思いついたんだと思います。多分面白そうだからというだけですね。

私はそれに便乗した形になります。

 

22歳の時点で行ったことがあったのは次の18都道府県でした。

北海道、福島、東京、埼玉、神奈川、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨、長野、愛知、静岡、三重、大阪、京都、奈良、長崎

 

関東在住なので関東は完了。
仮に行ったことがない県があっても日帰りで行けますから難易度は低いですね。
そして奈良・京都は修学旅行で行っている人が多いでしょう。

上記のうち三重県と長崎県は私が社会人になって、この企画を始める前に行きました。

 

期限は2年半、残り29県

単純に考えれば、30ヶ月で29県ですから1ヶ月に1県行けば達成できるということになりますね。

 

さてこれを週休2日と祝日、そして時たま有給を駆使して達成させます。

実際の旅行ログ

夫婦で行った未達県への旅行のみカウントしています。
また、すでに行ったことがある県だけの旅行は除外しているので
実際の旅行の数はもっと多いです。

四国2泊3日(2015年4月)

ゴールデンウィーク前半を使って四国へ行きました。
初鰹シーズンに高知で鰹のタタキを食べようと思い立って四国行きを決定。

高知、徳島、香川、岡山

東北一周3泊4日(2015年8月)

ねぶた祭りに合わせて東北へ。

土日プラス夏季休暇2日

青森、秋田、岩手、宮城

九州2泊3日(2015年9月)

九州1回でどこまでまわれるかチャレンジ

大分、宮崎、鹿児島、熊本

鳥取・島根(2015年11月)

現地でしか食べられないモサエビを食べに鳥取へ。(運悪く食べられず)

鳥取、島根

中国山陰縦断2泊3日(2016年3月)

モサエビリベンジと出雲市へご当地婚姻届を出しに行く入籍旅行

山口、(鳥取)、(島根)、(広島)

身勝手新婚旅行〜和歌山・沖縄〜(2016年4月)

取り残されていた和歌山と沖縄を一度でクリアし大きく前進。
和歌山から関西空港が近いということ知って、ネックとなっていた2県行くことに成功。

 

茨城空港はとても便利で、
その便利さを夫に知ってもらいたくて組んだプランでした。

ちなみに関西空港からは石垣島直行便があります。

茨城空港→神戸空港→関西空港→石垣空港→那覇空港→茨城空港

 

和歌山、沖縄

新潟・山形1泊2日(2016年5月)

茨城からなら1泊2日でいけるでしょう。

山形、新潟

北陸中部2泊3日(2016年7月)

京都の一歩手前から茨城まで車でぐるっとまわってきました。
車で頑張れるものですね。
こういうことをすると、車でどこでも行ける気持ちになります。

富山、石川、福井、滋賀、岐阜

愛媛1泊2日(2016年9月)

ラストは愛媛県です。
当初は2泊3日を予定していたものの台風がぶつかりやむなくリスケ。

25歳のリミットまで残り2週間ということもあって1泊2日の強硬手段に。
飛行機使って1泊2日でもそれなりに満足できるものですね。

愛媛

 

※ 兵庫県、福岡県、佐賀県は期間中に夫婦別に行きました。

明確な期限を決めることで達成できた

正直なところ、
残り1年半でこれだけの旅行に行くのは正直難しいのではと思って始めた企画でした。

でも、「25歳までに」という明確な期限を設けたことで、
目標を達成するためにはどうすればいいのか、
いつまでに何県行っていればいいのか、
という逆算ができたので確実に目標達成に近づくことができました。

 

なお、この旅行計画は二人とも長距離、高速道路の運転ができることを前提にして組まれたスケジュールです。

公共交通機関のみ、運転手1人になるとハードルがさらに上がるでしょう。

 

あなたにぴったりの制覇プランをぜひ考えてみてください。
それだけでワクワクしてきますよ!

スポンサーリンク
旅行
ブログ管理者
濃い茶

地方公務員→フリーライター→ベンチャーで情シスしてます。
「茨城で暮らし、東京で働き、長野で遊ぶ」2.5拠点生活中。
両耳補聴器使用中、うつ病経験あり。

濃い茶をフォローする
濃い茶をフォローする
ゆうぼくみん
タイトルとURLをコピーしました