退職届を出したらうつ病の症状が一瞬で治った話

退職届を出したらうつ病の症状が治った うつ病

元公務員ベンチャー社員の濃い茶です。

公務員時代にうつ病になった時、休職を経験し職場に復帰したものの
なかなかうつ病が治る気配がありませんでした。

しかし、退職届を出したら途端に症状が改善されたんですね。
その時のことをお話しします。

 

スポンサーリンク

就職3年目のうつ病

県庁に就職して3年目の秋にうつ病を発症しました。
主な原因は職場環境が合わなかったことです。

ギリギリの限界まで
「まだ大丈夫」
「そこまで辛くない」
「まさかうつ病になるほどじゃない」

と自分を誤魔化し続けた結果、
手遅れになり早退からそのまま休職することになりました。

 

90日間の休職と異動

3ヶ月間の休職期間を経て職場復帰を果たしました。

原因が職場環境にあったので異動すれば状況がよくなることはわかっていました。
2ヶ月間リハビリ期間を過ごし、その後希望通り異動することができました。

異動して無事に快復したと思いきや

異動先は、人間関係も良く、私のうつ病や体の事情にも配慮してくれるところでした。

おかげでとても過ごしやすい毎日を送ることができました。

 

恵まれた環境のおかげで普段は元気に過ごせるのですが、
月に1回くらいの頻度で

ひどい頭痛や、どうしても起きられない、仕事に行きたくない日がありました。

 

実はこの症状はうつ病になる前、もっというと新卒で就職した1ヶ月目から出ていたものです。

当時は単純に疲れだと思い込んでいましたが
この原因はストレスですね。

毎日楽しく会社に行っている今振り返ると公務員時代は常にストレスに晒されていたとつくづく思います。

うつ病になる前はその症状がうつ病サインだと知らなかったので気にしていませんでした。

でも、うつ病を経験したことでその症状が身体からのサインだとわかるようになりました。

 

うつ病は治らないのか?

10月にうつ病を発症し、次の4月に異動して新しい職場になってからもこれらの症状は治ることがありませんでした。

重度のうつ病で何もできなかず休職していた頃に比べれば断然マシですが、
軽度でもうつ病には違いありません。

 

もしかして、このまま一生うつ病は治らないのでは?

またうつ病になったらどうしよう。

毎日がとにかくつまらない、苦痛で何も感じられないあの時に戻ってしまうので。

そんな恐怖が込み上げていました。

 

とりあえず毎日出勤できるところまでは快復したけれど、
うつ病サインに怯える日々は永遠に続くのかもしれない、そう思い始めていました。

 

退職届が全てを変えた

実はうつ病とは全く関係なく、もともと公務員は3〜4年でやめる予定でいました。

うつ病になった時、体調が芳しくない状態で独立や転職はよくないと考え
4年目の年度いっぱい3月で退職することにしました。

 

公務員は10月〜11月に翌年度の異動希望調査票の提出があります。
私もそのタイミングで退職の意向を上司に伝えました。

 

すると、自分でも驚くほどに体も心も軽くなり
ありとあらゆるものがキラキラして見えるようになりました。

 

心の持ちようがすべて

退職の意向をオープンにした。
それだけなんです。

新たな決断を下したり、何かを成し遂げたりしたわけじゃなかったのに
それからは1度もうつの症状に悩まされることはありませんでした。

面白いことに、
あれ?これなら辞めなくてもいいのでは?
という思考が一瞬でも挟まるとみるみる体調が悪くなります。

やはりそういうことなんですよね。

 

ということでもう辞めるしかなかったんだなとスッキリ割り切ることができました。

コメント

  1. […] あわせて読みたい退職届を出したらうつ病の症状が一瞬で治った話スポンサーリンク(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});うつ病 ブログ管理者 濃い茶 […]

タイトルとURLをコピーしました