週末婚、実際やってみてどうだった?

週末婚のススメ 暮らし

元公務員夫婦の濃い茶です。

茨城県庁⇨フリーライター⇨都内ベンチャー会社員
と職を変え,今の会社に勤めるために茨城に住む夫と7ヶ月間別居していました。

実際にやってみて週末婚はとてもよかったです。
夫婦生活にあり方の一つとして紹介したいと思います。

スポンサーリンク

結婚生活3年半からの週末婚

茨城県庁で働く私と結婚するため、
東京から茨城へお婿さんとしてやってきてくれた夫。

私が東京の会社で働きたい、そのために東京で一人暮らしをしたいと相談したところ、
やりたいようにしたらいいよ。と快諾してくれました。

今振り返ってみても、
わざわざ東京からきてくれた夫を残して一人で東京へ行ってしまう妻。。
人でなしすぎますね。
これを理解してくれる夫の人間として器の大きさには驚かされます。

そうして、平日は都内のシェアハウス。
週末は茨城の自宅へ戻る週末婚生活がスタートしました。

週末婚のメリットは?

私のワガママで始まった週末婚。
実際やってみると、夫婦にとって良い効果がありました。

互いに自分のやりたいことに集中できる

それぞれ仕事に全力をかけたいタイミングでした。
私は公務員からベンチャー企業に転職したところでしたし、
夫は業務内容が大きく変わり、業務時間外での活動が増えていました。

どうしても家族がいると、
家族との時間を優先した方がいい?
家事をすべき?

と考えてしまうのですが、何しろ一緒に住んでいるわけではないので
100%自分都合で動くことができ仕事にコミットできました。

恋人時代のようなトキメキを

毎日いるのが当たり前の存在から、約束して会いにいく存在になりました。
会えるのは特別なことだと思うとその時間を大切にしたくなりますよね。

本当は当たり前だと思わずに、日々パートナーの存在に感謝できたら良いのですが
なかなか難しいものです。

家族がいることのありがたみ

3年間家に帰れば当然夫がいる生活をしてきました。
当時の夫は定時を徹底していたので、夕ご飯はほぼ必ず一緒に食卓についていましたし、
毎日これでもかというくらい二人の時間をとっていました。

ただいま。

と声をかければ

おかえり。

が返ってくる

毎日交わされる何気ない挨拶などいつの間にか日常になってしまった「当たり前」

これは家族がいるおかげでできることなんだなと気がつくことができました。

週末婚のデメリット

出費がかさむ

結婚して家が一つになると、家賃光熱費などの固定費が按分されるため、経済的に楽になります。
これは結婚することの大きなメリットだと考えているのですが、
週末婚の場合このメリットがありません。

さらに、距離が離れている場合交通費もかかります。

相手の状況が把握できない

体調が良くない
仕事が忙しくてイライラしている
悲しいことがあって落ち込んでいる

一緒に生活していれば簡単にわかる相手の今の状態。

離れていると、LINEの文字、電話越しの声のトーンなど限られた情報しかありません。

なんだか返事が素っ気ない
忙しいだけかもしれない
体調が悪いのかもしれない

側にいれば気にすることもないちょっとした思いやりが足りないことから
大ゲンカに発展してしまうことがあります。

一緒に暮らしていないのに結婚する意味はあるの?

一緒に生活しないのに、なんで結婚したんですか?

週末婚、すごくいいよ。と職場の後輩の女の子に話をしたら、
そう聞かれました。

結婚って一緒に生活することが目的?

そう言う考えの方が一般的かもしれません。

でも、私はそうは思っていません。

長い人生を進む上でパートナーを宣言する。
基本的には支え合うし、
そのために一緒に暮らす方がよければ一緒に暮らせばいいし、
生活を共にしないことで互いの人生を充実させることができるならそれでもいい

夫婦は一緒に暮らすべきもの、なんて誰が決めたの?

(実は民法に載ってるので法律で決まっているといえばそうなんですが)

今はSNSが機能するようになって、
以前ほど物理的ね制約によるコミュニケーション不足はないはずです。

結婚したら自分の時間がなくなる
結婚したら好きなことができない

本当にそうなの?
自分で思い込んでいるだけではありませんか。

あなたのやりたいようにできる。
相手あっての結婚だから相手を思いやることは当然必要だけど、
お互いが自由に生きていくための手段としての結婚があってもいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク
暮らし
ブログ管理者
濃い茶

地方公務員→フリーライター→ベンチャーで情シスしてます。
「茨城で暮らし、東京で働き、長野で遊ぶ」2.5拠点生活中。
両耳補聴器使用中、うつ病経験あり。

濃い茶をフォローする
濃い茶をフォローする
ゆうぼくみん
タイトルとURLをコピーしました